2016年12月9日金曜日

年末年始の主な予定

12月の日程・行事

総本部道場  10日(土) 道場の大掃除
         17日 (土) 16時~18時 少年部クリスマス会
                 16時半~18時半 一般部納会
         24日(土) 納め稽古
         25日(日) ~1月6日(金)まで冬休み
        1月7日(土) 稽古初め


日本平道場  12日(月) 道場の大掃除
         16日(金) 16時半~18時半 全員でクリスマス会
                夜の稽古はありません。
         19日(月) 納め稽古
         20日(火)~1月12日(木)まで冬休み
       1月13日(金) 稽古初め

その他の行事
     12月25日(日) 午前・指導者講習会
                 午後・師範納会
      1月 8日(日) 月例審査会(総本部道場)
             

2016年11月24日木曜日

2016年11月22日火曜日

剛武舘直営ニュース 12月号

剛武舘直営ニュース 12月号 です。

こちらのリンクからダウンロードしてください。 ⇒ 12月号



剛武舘直営ニュース 11月号

剛武舘直営ニュース 11月号 です。

 このリンクからダウンロードしてください ⇒ 11月号


2016年10月28日金曜日

第16回 全日本剛柔流空手道選手権大会

平成28年10月23日(日)、仙台市の宮城野体育館において「第16回 全日本剛柔流空手道選手権大会」が開催され、熱戦が繰り広げられました。



大会成績は下記リンクからダウンロードしてご利用ください。

男子組手の成績表はこちら   : 成績表①

女子組手・型の成績表はこちら : 成績表②


2016年10月23日日曜日

第16回 全日本剛柔流空手道選手権大会 パンフレット配布

「第16回 全日本剛柔流空手道選手権大会」のPDF形式のパンフレットです。
下記のリンクよりダウンロードしてご利用下さい。

① 軽量版 (約4.7MB : コート表・スケジュール・組み合わせ表のみ)

② 完全版 (約18.7MB : 全てのページ)


2016年8月23日火曜日

第32回 全日本硬式空手道選手権大会

去る平成28年8月21日(日)、東京都・国立競技場代々木第二体育館にて『第32回・全日本硬式空手道選手権大会』が開催され、参加選手407名による白熱した激闘が繰り広げられました。
 

2016年8月21日日曜日

教範形講習会

年4回開催される「教範形講習会」の模様。 前回は8月7日に開催されました。 五代目宗家はじめ審査部の先生方による指導者の為の講習会です。

ちびっこ空手家

剛武舘で稽古に励む幼稚園の子供達です。

日本平道場演武大会(有段の部)

平成28年度5月27日の演武大会その②です。 主に有段の部の形演武の模様。

模範演武:エイクの形「津堅赤人」

剛武舘日本平道場の中澤一郎指導員による模範演武です。 エイクの形「津堅赤人」

2016年8月20日土曜日

第24回日本平道場演武大会(少年部)

去る平成28年度5月27日に、剛武舘日本平道場で『第24回日本平道場演武大会(少年部)』が開催されました。 その模様をダイジェストでお送りします。

2016年8月2日火曜日

夏季合宿

去る7月29日~30日に宮城県川崎町の「るぽぽかわさき」において毎年恒例の剛武舘本部夏季合宿が行われました。

各道場選抜の稽古生45名、指導者4名の計49名で行われた合宿はお天気にも恵まれ、充実した稽古はもちろん、スイカ割りや沢遊びなどに子供達は大盛り上がりでした。





2016年7月12日火曜日

東日本硬式空手道団体戦 【大会結果】

 【 第50回 剛武舘 空手道選手権大会 東日本硬式空手道団体戦 】


◆ 大会結果◆
入賞した選手の皆さんおめでとうございます。

【 一般の部 】
優勝:宏武会鳳桜  準優勝:信龍会本部  第3位:多賀城本部/剛武舘田尻

【 中学生の部 】
優勝:秀練会拳聖  準優勝:究道会本部  第3位:信龍会本部/剛武舘田尻

【 小学高学年 】
優勝:秀練会拳聖  準優勝:秀練会逢隈  第3位:秀練会槻木/信龍会本部

【 小学低学年 】
優勝:宏武会本部  準優勝:秀練会槻木  第3位:稲心舘本部/稲心舘岩沼

2016年7月11日月曜日

東日本硬式空手道団体戦

日時:平成28年7月10日(日)
会場:宮城野体育館(宮城県仙台市)

 【 第50回 剛武舘 空手道選手権大会 東日本硬式空手道団体戦 】

各会・道場の代表選手が日頃の研鑽の成果を存分に発揮、その素晴らしい攻防に観客席から惜しみない拍手が送られました。


大会風景

2016年6月1日水曜日

直営・関連道場案内


≪ 剛武舘本部・宮城県内31道場紹介 ≫

◎仙台市若林区
総本部道場(道場責任者・武藤英雄 七段教士)
住 所  仙台市若林区連坊2丁目3-21  TEL 022-299-4525
稽 古 日 毎週火曜日・土曜日
稽古時間 少年部(幼児・小学・中学)  16時~18時
                一般部(高校生以上)中学も可 18時30分~20時30分

◎仙台市太白区
日本平道場(道場責任者・武藤英雄 七段教士)
住  所  仙台市太白区日本平7-18  TEL 022-299-4525
稽 古 日 毎週月曜日・金曜日
稽古時間 少年部(幼児・小学・中学)  16時30分~18時30分
                一般部(高校生以上)中学も可 19時~20時30分

信龍会(道場責任者・佐伯拳信 八段教士)
住 所  太白区郡山・茂庭台・長町南・東郡山   TEL 022-308-2354
     
菅武会(道場責任者・菅野 浄 八段教士)
住 所  太白区四郎丸・大野田     TEL 022-242-3548

広瀬会湯元(道場責任者・千葉幸二郎 十段範士)
住  所  秋保湯元     TEL 090-3123-7065
稽 古 日 毎週水曜日、金曜日


◎仙台市青葉区
広瀬会本部(道場責任者・千葉幸二郎 十段範士)
住  所  青葉区愛子  広瀬体育館     TEL 090-3123-7065
稽 古 日 毎週土曜日
折立道場(道場責任者・早坂利樹 六段錬士)
住  所  青葉区折立    TEL 080-5550-8516
稽 古 日 毎週木曜日
究道会(道場責任者・丹野秀樹 七段教士)
住  所  青葉区堤町  青葉体育館     TEL 070-5624-6404

◎仙台市宮城野区
泰斗道場(道場責任者・中峯泰雄 七段教士)
住  所  宮城野区         TEL 090-6685-4380
稽 古 日 毎週土曜日

信武会(道場責任者・赤坂信行 九段範士)
住  所  宮城野区苦竹     TEL 0224-62-5761

信龍会(道場責任者・佐伯拳信 八段教士)
住  所  宮城野区福田町   TEL 022-308-2354

◎仙台市泉区
勝氣會(道場責任者・阿部勝治 九段範士)
住  所  泉区天神沢       TEL 022-372-2686

信龍会(道場責任者・佐伯拳信 八段教士)
住  所  泉区将監         TEL 022-308-2354

究道会(道場責任者・丹野秀樹 七段教士)
住  所  泉区虹の丘       TEL 070-5624-6404




◎名取市
相互台道場(道場責任者・早坂利樹 六段錬士)
住  所  名取市相互台    TEL 080-5550-8516
稽 古 日 毎週木曜日

◎塩釜市
宏武会本部(道場責任者・佐々木宏 八段教士)
住  所  塩釜市      TEL 022-367-1436

◎多賀城市
多賀城道場(道場責任者・石村伸男 八段教士)
住  所  多賀城市伝上山    TEL 022-364-6994

◎富谷市
小幡道場(道場責任者・小幡勝弘 五段錬士)
住  所  東向陽台・日吉台・明石台・上桜木  TEL 022-374-0814

◎大崎市
拳氏会(道場責任者・氏家弘男 八段教士)
住  所  古川北稲葉      TEL 0229-23-3077

田尻道場(道場責任者・畑山慶一 六段錬士)
住  所  田尻北牧目      TEL 0229-39-0416






◎亘理町
高橋会(道場責任者・鈴木惣一郎 八段教士)
住  所  亘理町逢隈中泉  TEL 0223-23-1383
亘理道場(道場責任者・吉田房晴 七段教士)
住  所  亘理町字道田中  TEL 0223-32-2724


◎角田市
信武会(道場責任者・赤坂信行 九段範士)
住  所  角田市尾山    TEL 0224-62-5761

2016年5月11日水曜日

総本部紹介

 『剛武舘』は日本空手の四大流派、松濤館流、和道流、糸東流と共に数えられる“剛柔流”の総本部道場です。剛柔流五代目宗家である千葉拳二郎を初代舘長として昭和37年に宮城県仙台市に設立されました。

  設立当時は「伊達剛武舘」という名称で、古武道のヌンチャクや棒術など武器指導もおこなっていたこと、技術の深さと懇切丁寧指導が評判を呼び、ものの数か月で80名程の門下生を擁するに至り、また剛柔流のみならず他流派からも多くの要人達が発展に尽力され、現在の基盤が形作られました。

  現在は若林区連坊に総本部を構え、国内外に支部道場を置き人材の育成にあたっています。